VIPP ハイエンドなペダル式ゴミ箱

 

数年前とある大学で、かっこいいゴミ箱を見かけました。

 

ゴミ箱なのにゴミ箱じゃないかのような雰囲気を出していて、車を眺めるような感じで観察してしまいました。

 

ずっとそれが気になっていて、調べてみたらそれはどうやらデンマークでデザインされた、ハイエンドなゴミ箱だということが分かりました。

 

定価53000円(税込)。。まじか。

 

VIPP ペダルビン

 

そのゴミ箱が製作された由来は、1939年、金属加工職人でデザイナーのホルガー・ニールセンが、美容師である妻・マリーの頼みで、美容院のオープンにあわせてペダル式のゴミ箱を作ったのです。

 

 

 

 

取り寄せて少々驚くのが、デザインと頑丈さです。

 

奥様のために、こんなかっこいいデザインのものを考え、そして手の込んだ物を作りあげてしまうということに驚きます。

 

最初ダンボールを持ち上げた時に、その重さにえっ?となりました。約3kg。

 

その堅牢さとデザインは美容院の顧客の中で評判となり、そして公共の施設に置かれるようになったそうです。

 

そして2009年には、国際的なデザインとしてMoMA(ニューヨーク近代美術館)のコレクションに選定されました。

 

Vippは現在、ホルガー・ニールセンの意思を引き継ぎ、 ゴミ箱だけではなくキッチン用品、バス用品、またVippの世界観が体感できるシェルター、ホテルを手がけています。

 

Vippのインテリアかっこ良すぎる。

 

シェルターは1泊600ユーロ(83,000円)

 

 

 

 

下の動画は景観も相まって、Vippのシェルターのかっこよさが出てますね。

 

 

 

 

ホテルは1泊1,000ユーロ(135,000円)ですか。。。。。。
https://vipp.com/en-us/hotel

 

 

 

 

Vippはシステムキッチンも手がけています。

 

 

 

いままで黒のステンレスものについて意識したことはなかったのですが、黒のシステムキッチンが断然かっこよく見えます。

 

 

このペダル式ゴミ箱は北欧のラトビアで、現在は機械で製作されています。

 

厚めのステンレスに、インナーにバケツが入っている二重構造。

 

また、蓋のフチや床と接触する部分にラバーが使われているため、金属音が出ないという配慮も施されています。

 

 

 

 

車や自転車が好きな方は、たぶんこのゴミ箱好きと思います。

 

 

 

 

 

 

interior goods
Sponsored Link
古びた家

comment