寄付先探し

 

普段、欲にまみれて過ごしています。

 

お金を稼ぎたい

 

美味しい魚介や肉を食べたい

 

インテリアをなんとかしたい

 

なんか捨てたい

 

海が見たい

 

頭の中は1年中その欲で渦巻いてます。

 

そして時々うっすらと罪悪感を感じ、少額の寄付をすることで、罪悪感を消しています。

 

自分が寄付している団体は岡山県のAMDA(アムダ)です。

 

AMDA(アムダ) - 救える命があればどこまでも
国連経済社会理事会 総合協議資格 アムダの公式サイトです。

 

主に途上国の災害時に医療・保健衛生分野を中心に緊急人道支援活動をしているアジア医師連絡協議会です。

 

ガチで活動をされていて、活動報告書を読むと、ただただ頭が下がります。

 

なぜ、自分がこの団体に寄付しているかと言いますと、振り込み用紙に、プロジェクト名を指定できるからです。

 

ロヒンギャ難民支援、インド最貧地区母子保健支援プロジェクト等。

 

少額の寄付者がこういうことを言うのもなんなんですが、自分の寄付したお金って役に立つのかな、どういう使われ方がされるんだろうと、漠然と思ったりします。

 

しかし、プロジェクトを指定できると、なんとなく自分が興味あるプロジェクトに使われるんだろうと、漠然さが消えます。

 

寄付をしたいけど、数あるボランティア団体のどこを選んでいいか分からない時がありました。

 

まずはネットで探したりしました。

 

そしてグローバルフェスタという日本最大級の国際協力イベントがあるのを知り、その昔日比谷公園に行ってきました。

 

国際協力活動をする政府機関、NGO、企業が一同に会します。

 

各国の料理も売られたりするので、お祭りのような雰囲気がありました。

 

そのイベントで印象的だったのは、学生さんや若い人たちが、スタッフの説明を真剣に聞いている様子でした。

 

どこの団体に寄付しようか、どこの団体で活動しようか、と探ってる様子が今でも記憶に残っています。

 

まじめだなぁ。

 

なんだか浄化されて家に帰ったのでした。

 

 

未分類
Sponsored Link
古びた家

comment