血糖値を下げるためにやったこと

糖尿病の母の血糖値が1ヶ月ほど前、血糖値 192mg/dlという高さに跳ね上がりました。

意を決して糖質制限に取り組んだところ、1ケ月後108mg/dlまで下がりました。

ヘモグロビンA1cは酷い時は9.2 だったのですが、糖質制限をした1ケ月後、8.2まで下がり、そのまた1ケ月後の今は7.3まで下がりました。

また、気候のおかげだと思いますますが、上げられなかった腕が8割ほど上げられるようになりました。

母の体型は細い骨の上に皮がうっすらのっているだけの、ギョッとするほど細い体型なのですが、足元だけはギョッとするほどむくんでいました。

それが、ここ最近は足元のむくみが取れ、しぼんでいきました。

一ヶ月間取り組んだことをここに書いていきたいと思います。

1.  沈みこんだ母に希望を持たせるため、HbA1cを一ヶ月で劇的にに下げ、そのまま断薬した人のインタビューの動画を母に見せる

youtubeで見つけたのですが、自然治癒倶楽部というサイトで食事制限をして、血糖値を下げた男の人のインタビュー動画を見ました。

10年患った糖尿病を1ヶ月で克服した奇跡のストーリー〜HbA1c8.6→5.9

右の方は管理栄養士の指導を受けて、バランスのいい食事をとっていたにも関わらず、10年間糖尿病を患っていたんですよね。

そして、自然治癒倶楽部のサイトを見つけて、炭水化物、砂糖、芋類を断ったところ、HbA1c(ヘモグロビンA1c)が、8.6から5.9にまで下がったということです。

この一発目の動画で母に希望を持たせました。

この動画の影響は大きかったです。

母もバランスのよい食事、医師により処方された薬を飲んでいるにも関わらず、血糖値が上昇し続けました。

母のギトギトベタベタした血管を一度洗浄する意味で、糖質制限をしようと決めました。

また、いくつか自然治癒倶楽部の動画を見させました。

2. 血糖値が急上昇する食品を洗い出す

食品別GI値(食後血糖値の上昇度)一覧を印刷し、GI値60以上の食品を洗い出し、GI値が60以上のものは、極力食べてくれるな、と数値を見せて、母に言い聞かせました。

食品別GI値一覧

60以上の数値のものにマーカーを引き、色をつけて、冷蔵庫に紙を貼りました。

この効果はテキメンです。

数値で、一覧で見ると、炭水化物や芋、砂糖への見方が激変しました。

3. 上の一覧を基に、週1で母と買い物に行く

この食材は大丈夫、この食材は血糖値が上がりやすいと、確認しながら、食材を購入しました。

4. 白米をやめ、酵素玄米に切り替える

白米のGI値は81

玄米のGI値55

炊飯器は酵素玄米ラボの製品を買いました。


5. 平日の日中のおかずとしては、玉ねぎのサラダにサバ缶のサバを加えて、アメリカ産のリンゴ酢をかけたものを食べてもらう。他に納豆。

りんご酢は自然治癒倶楽部で紹介されていたもので、米国産の人気りんご酢です。

ものすごく酸っぱくてしょうがないですが、無濾過で濁ってる分、糖尿病や血圧に効きそうです。

さて、これからの自分たちには課題が3つあります。

課題1.  断薬させてもらえる医者を見つける

課題2.  暑い夏に涼を感じる料理を見つける

夏に食べたいそうめん、冷やし中華、蕎麦、とうもろこし、そら豆、ビール、アイスクリームは血糖値高めの人には、ヘビーなんです。。。

まじかよって、思いました。夏はどうすればいいのだろう。。。。。。ところてん??(泣)

母を教育するためには、自分も自制しなければならないんですよね。。

課題3.  血糖値を急激に上げないスイーツを探す

スイーツ、和菓子が食べられないのはイタイです。

せんべい、ポテトチップスも食べられないのは、とても堪え難いです。。

気持ちを明るくさせるものは、今のところ、ワイン、チーズ、フルーツ、ナッツ、それと、かつお節です。

もう、せんべいやポテトチップスの代わりになるような、食感を楽しめるものを探すしかないんですよ。

なので、今は中厚かつお節という、ビーフジャーキーのような硬さのかつお節をかじってます。

15秒以上噛まないと飲み込めないほど厚めのかつお節です。

チーズに合います。


Sponsored Link
レクタングル広告大
Sponsored Link
レクタングル広告大