財布をクリアケースに入れている自分という人間

 

財布はパリのレザーアイテムの老舗・CARRE ROYAL(カレロワイヤル)のZip Round Walletを使っています。

 

Welcome to Carré Royal official website - Carré Royal

 

 

 

定価は3万円ほどするものですが、郊外のリサイクルショップで未使用品が1万円ほどで売られているのを偶然見つけ、喜びいさんで一つ買いました。

 

手に吸いつくようななめらかさ、しっとりさ、大きさと財布の持つ雰囲気が気に入っています。

 

自分の中ではファスナーのラウンド型が財布の完成形だと思っています。

 

色違いの濃紺も買っておいたほうがいいだろうと思い、後日その店を訪れたのですが、時すでに遅しで、売れ切れていました。

 

郊外だから売れないだろうと思って、油断していました。

 

もうこの財布を財布の寿命、1000日(約3年)を超えて使っているので、風水的に買い替えを考えなくてはならないのですが、気に入りすぎて、名残惜しんで使い続けています。

 

この財布の欠点は、柔らかすぎるので、傷がつきやすい点です。

 

貧乏くさい話ですが、財布に傷がつくのを嫌がり、買った当初から、財布をクリアケースに入れ、かばんに入れています。

 

 

LIHIT LAB(リヒト ラブ)のCORDURA ファブリックを使った耐久性のあるクリヤーケースです。

 

東急ハンズで見つけました。

 

 

 

 

 

保護シートや保護ビニールをつけたまま使用してる感覚は若干あります。

 

おしゃれ度ゼロ、貧乏度マックスに見えないよう、もがいています。

 

しかしです。

 

財布の寿命は3年とされていますが、短すぎませんかね。

 

同じ財布を5年以上使い続けて、仕事に成功してお金持ちになった方が、結構いたらいいんだけどな、公表してくれないかな、などと考えております。

 

 

 

 

未分類
Sponsored Link
古びた家

comment