諏訪鉄平石の敷き方について、石屋さんからダメ出しをいただく

諏訪鉄平石を庭に地味に敷き続けています。

調べたところ、造園業者に8メートルほど敷石を敷いてもらう場合、38万円ほどかかるというサイトを見たので、意を決して自分ひとりで敷いています。

石は重さが小さいもので4キロほど、大きいので30キロほどあり、大きさも形もまちまちでそれをパズルのように組み合わせます。

仮置きしたところ。厚みが6cmほどありかなり重たい

厚みもまちまちで、水平にカットされておらず、でこぼこしているので、土を立体パズルのように成形していきます。

80個を5万円で購入しましたので、やり抜くしかありません。

諏訪鉄平石はやはり雰囲気はいいです。

雨に濡れると黒光りして、いい感じになります。

大きい石を買う時は持ち上げるのに一苦労でひるみましたが、踏み心地も見た感じの安定感も、小さい石とは大きく異なり絵になります。

大きいもので幅50cmほどあります

ひるまずにもっと大きいのを買うべきでした。

石は、石材業者に2回に分けて運んでもらいました。

2回目の時に、自分が敷いたアプローチを見てもらい、プロの方が見てどう思うか聞いてみました。

そしたら、思いのほかダメ出しを沢山くらいました。

目地が十字になっているところは見た目に良くない。
T字になるよう敷き直した方がいい。

鉄平石の厚みを利用していない。
タイルのように真っ平らに敷くと面白みがない。
ところどころデコボコを出すのが自然ぽくていい。

レンガ敷きのところは、全部はぎ取って、諏訪鉄平石にしてもいいかも、と。

ひぇー

しかしですね、自分は敷き直さないですけどね。

ちなみに、下記は敷石の敷き方でよくない例です。

石屋さんに指摘されとき、心の中で、ひとりごちました。

家の周り一周、全部諏訪鉄平石でいいとおっしゃってますが、大きさがまちまちな石を敷くことに既に飽きがきてるんです。

家の老人は転びやすいんで、デコボコを出して敷くのは、無しなんです。

庭用資材というのは、どれも欠点があります。

枕木は蟻が寄ってきて、食われやすい

大谷石はもろく土化する

芝生は雑草に負ける

根府川石は滑りやすい

諏訪鉄平石はデコボコがあり、つまづきやすい

ハンペンのレンガは頼りなげで、目地が多く、そこに雑草が生えやすい

ジャワ鉄平石は薄く、コンクリート下地でなければ、踏んだ時にガタガタする

お金があれば、業者にコンクリート下地でタイルのような石を敷いてもらうのがいいかと思います。

ど素人がモルタルを使うと、後日やり直しがききません。

それが苦しいところです。

自分で砂と砂利を下地に敷いていく場合は、後日変更がききます。

2階からアプローチを見た時に、レンガの敷き方がおかしい、なんてのはしょっちゅうです。

敷いてみて、あっ、ちょっとイメージしてたのと違ったなんて、沢山あります。

庭作りというのは、人の庭を参考にしながら、ちょいちょい試し、やり直しを繰り返しながら、徐々にいい感じに進めていくところに醍醐味がある、と思っています。

小さいながらも自分用のリゾートを造る所存であります。


Sponsored Link
レクタングル広告大
Sponsored Link
レクタングル広告大