キッチンナイフ、ハサミのこと

 

自分がキッチンで使う刃物は主に3つです。

 

 

 

Yoshikin  GLOBAL GS-3 ペティナイフ 13cm

 

 

 

 

 

1954年創業の吉田金属工業(新潟県)の「GLOBAL」シリーズ

 

刀身から柄までオールステンレス一体構造包丁で、Good Design賞はじめ、数々の賞をとっている包丁です。

 

全長26cm  刃渡り13cm  重さ110g

 

柄が厚めなので、硬い食材を力を入れて切るときに重宝してます。

 

まあ、絵になります。

 

 

 

 

 

Brieto-M11 Pro M1107 ペティ 15cm

 

 

 

1958年創業の片岡製作所(新潟県)の「Brieto-M11 Pro」シリーズ

 

刀身とハンドルはすき間のない一体構造で非常に衛生的。

 

ハンドル部を空洞にし、軽くていつまでも美観を保つ「ステンレスモナカ構造」を採用。

 

全長26cm  刃渡り15cm 

 

柄が薄めで、小回りがきき、もっぱら家で使う包丁はこれです。

 

この包丁を手に入れてから、大きい包丁や柄が木の素材のものは捨てました。

 

 

 

 

 

Henckels ヘンケルス 11515-001

 

 

 

 

 

ドイツ・ZWILLING(ツヴィリング)ブランドの安価版

サイズ 全長21cm 刃渡り8cm

 

ハンドルの樹脂も手が痛くなりにくく、すべすべな感触で、刃もザクザクに切れるような、頼もしいハサミです。

 

このキッチンハサミは分解できませんが、自分はむしろ分解する必要性を感じませんし、1600円で買えるのがすばらしいです。

 

これは口コミの評価が高いキッチンはさみで、まあ、買いです。

 

 

 

 

 

 

 

刃物がもっさりと大きかったり、重かったりしたら、料理するのも嫌になります。

 

木でできた柄は写真写りはいいかもしれませんが、気をつかうし、もう自分は買うことはないでしょう。

 

 

とにかく微塵もストレスを感じないように、小回りがきく道具を選んでいくしかないですね。

 

 


kitchen goods
Sponsored Link
古びた家

コメント