BRUT 渋かっこいい鉄クリップ

 

長年自分の家で生き残る文房具というのは、経年変化を楽しめるものになります。

 

冒頭の写真の文房具たちは、使わなくなっても捨てれないものたちです。

 

その中でも気にいっているのが、インド製のBRUTの鉄クリップとMUCUのグレーのメモ帳です。

 

 

 

 

この2つの合わせ技のすごいところは、例えばゴミのような紙や書類の集まりの上に、この2つの組み合わせを置くと、なんだかましな場所に見えてしまうのです。

 

悪目立ちの紙の山を中和させます。

 

クリップは1個275円なんですが、お値段以上のオーラがあります。

 

 

 

 

このクリップはフィレンチェのIL PAPIROの黒革のアドレス帳にも負けてないです。

 

この渋いアンティーク色したノートパソコンが出たらいいのになぁ、と思ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このレンガ色の厚紙書類入れはオンサンデーズで購入し、だめになったところで買い足してます。

 

厚紙のいいところは、手荒に扱っても、それが味になったりするところです。

 

ビニール製だとそうはいきませんね。

 

 

それと、最近ファイリングはしてないのですが、絶対に捨てれないのが、布貼りのコクヨのファイル。

 

 

 

 

縁はスチールで、穴を通すところも危険に感じるほど刃のようにごっついです。B5ファイルですが、とにかくずっしり重いです。

 

 

 

 

これ以上の頑丈なファイルって存在するのでしょうか。外側の布が汚れてもいい味が出ると思います。

 

 

 

長年連れそえる、経年変化を楽しめる文房具って、いいですね。

 

 

 

 

 

 

interior goods
Sponsored Link
古びた家

comment

  1. Nobu より:

    Thank your for your visiting my blog!

  2. Nobu より:

    Thank you for your visiting my blog.I got energetic due to your words.

  3. I reckon something truly special in this website.

  4. I am incessantly thought about this, thanks for posting.