スニーカーいろいろ

 

4年で2足のスニーカーがオンボロになり、新たにスニーカー2足を購入しました。

 

オンボロになったスニーカーはPatrick(パトリック、フランス)で、店舗に頼めば、ゴム底を8000円で交換してくれるのですが、履き口が痛んでいたので、新しく購入することにしました。

 

昔同僚が、一度パトリックを履くと、他は履けないと言うのを聞き、自分も購入したのでした。

 

 

NEVADAII_WHT

 

 

 

確かに、細身でかかとがスコッと抜けづらく、そしてクッション性が抜群だと思います。

 

軽やかで、履き疲れはしません。

 

長い時間、満員電車でつり革をおがめない自分に、どこまでも優しいスニーカーです。

 

どこまでも快適です。

 

つり革なしでもふんばれます。

 

スニーカー、というかもはやツールですかね。

 

 

 

 

そして、いつかパトリックで注文したいと思っているのは、カラーオーダーです。

 

 

 

 

不定期でやっているのですが、スニーカーのあらゆるパーツの色を自分好みの色に注文できます。確か2万円台で。

 

【最新】パトリックモデルのカラーオーダーイベントスケジュール | PATRICK:OFFICIAL SITE
PATRICK(パトリック)オフィシャルサイトです。新商品、最新カタログ、製品情報、最新情報、取り扱い店舗、オンラインショッピングのご紹介。

 

聞いたところによると、縫い目の糸の色まで指定できます。

 

世界にひとつのスニーカーが欲しい、とか

 

人と絶対にかぶってはならない、とか

 

好みの色のスニーカーがなくって困ってるー、とか

 

日頃思ってる人にはいいのではないでしょうか。

 

スニーカーはグレーの色なら、何にでも合わせてられて、グレーが正解、という記事を目にしましたが、グレーを探してあんまりにもなさそうだったら、パトリックに注文しようと考えてます。

 

 

もう一つはadidas(アディダス、ドイツ) のど定番 ROM です。

 

 

 

 

 

 

甲高で見た目ボテっとしてますが、かかとが包まれて抜けない感じがホッと落ち着きます。

 

シューズの裏のゴムが雪道でも滑りにくそうに見えます。

 

 

 

若い店員の方に、仕事着でも合わせやすいのは、 SAMBAですと言われたのですが、かかとが浮く感じなのが気になりました。

 

 

 

 

アディダスの良いところは、自分がしっくりくるまで、何足でも取り寄せてくれるところです。

 

あれっ、サイズがちょっと違った、別のスニーカーを試したくなった、とか心揺れても、こころよく取り寄せてくれます。

 

自分なんかは結局4足取り寄せて、1足購入しました。

 

違和感を感じて4、5年過ごしたくないですよね。

 

 

 

 

このCAMPER(カンペール、スペイン)は結構前に車のCMで見かけたものです。

 

車から降りたモデルの足元がクローズアップされ、あっ、これ欲しいと思いました。

 

街中のショーウィンドウで見かけ、店員さんに、これ車のCMに出てたスニーカーですよね?と聞いたら、

 

はい、そうです。(笑) 問い合わせを良く受けます、と。

 

 

 

 

この黒もカンペールのスニーカーです。

 

Camper(カンペール)日本公式サイト
スペイン、マヨルカ島生まれのシューズブランド<カンペール日本公式サイト>。CAMPERブランドの歴史、シューズ、スニーカー、ブーツなどの靴とバッグ、小物などのおすすめアイテム、コラボレーション情報、ショップリスト、スタッフ・コーディネート、ブランドキャンペーン・ムービーをご紹介。

 

ふたつとも気にいってますが、靴底が薄く、真夏ですとアスファルトの熱をじかに受けますので、夏は履けません。。

 

でも、自分の一張羅です。

 

 

未分類
Sponsored Link
古びた家

comment