絹の毛布で肌と気持ちをすこやかにする

 

数十年前、アトピー性皮膚炎で苦しんでました。

 

先日紹介したスピカココという界面活性剤が入っていない洗濯洗剤に巡り会い、アトピーから脱出しましたが、脱出前はいろいろと試していました。

 

試してからずっと使い続けているのが、絹の毛布です。

 

絹はからだの毒素を排出してくれ、治癒する力を持っているというのを聞いたからでした。

 

絹の効能を実感しているわけではありませんが、1枚の毛布を数十年使っているのは、肌触りがよく、寒い冬はぬくぬくと暖かく感じられるからです。

 

ほかに、お酒を飲みすぎた時や、風邪をひいた時など、毛布にくるまっておけば、毛布が治してくれるかなと、毛布まかせにしてしまいたいってのもあります。

 

くるまるだけで、なんとなく安心感を得られるんですよね。

 

絹の性能としては、ちょっと調べたところ、下記のようなものがあります。

 

・肌への刺激が少ない

 

・皮膚細胞を活性

 

・血圧を下げる。血糖値の上昇を抑える。肩こりを緩和する。

 

・綿よりも吸湿性(汗や毒素を吸収)があり、放湿速度も早い

 

・重ね着による保温性が高く、外気を遮断するので、極寒地で有効。

 

ほんと、驚異の繊維ですね。お蚕さん、ありがとうございます、です。

 

自分は昔うさぎの会というサイトで購入しましたが、今売られているかちょっと分からないです。

 

/うさぎの会の冷えとり靴下 【くらすこと】

 

◇◆ ひえとり☆うさぎの会 ◆◇

 

同じようなものかわかりませんが、楽天などでも絹毛布は売られてますね。

 

自分の場合、絹の毛布にしてから洗濯はあまりしていません。

 

年に1、2回風呂おけにスピカココを入れて浸しておいて、すすいで、洗濯機で脱水し、外で干しています。

 

アトピーの症状がある方は、逆にクリーニングに出してはよくないような気がします。

 

洗濯しない方もいるようですが、洗濯してもゴワゴワしないです。なにせ驚異の繊維なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未分類
Sponsored Link
古びた家

comment