九段 KUDAN HOUSE (旧山口萬吉邸)の石上純也氏作の木陰雲

 

九段下にある九段ハウスのThe Still Pointの展示を見た後、この邸宅の日本庭園でもイベントがありましたので、拝見しました。

 

 

 

 

建築家・石上純也作の「木陰雲

 

 

 

 

無数の焼杉の柱に、焼杉の屋根

 

ユニーク過ぎて、あっと驚きました。

 

 

 

 

緑の多い日本庭園に黒い無数の焼杉の柱、これ、かなりいいです。

 

めちゃめちゃワクワクしますし、めちゃめちゃ落ち着きます。

 

 

 

 

 

 

このイベント名はパビリオントウキョウ2021で9月5日までの開催だったのですが、イベントが終わったら、焼杉の構造物が撤去されてしまうのですかね。。。ちょっとわからないのですが。。

 

そうだとしたら、かなりもったいないと思います。

 

焼杉の柱と庭がしっくりしすぎているので、焼杉の構造物がなくなったりしたら、かなり物足りなさを感じてしまいそうです。

 

 

 

 

 

 

石上純也氏が作られた、那須のアートビオトープの水庭に無性に行ってみたくなりました。

 

GARDEN - ART BIOTOP
アートビオトープに隣接する敷地に、「庭」という思索的で現代的な問題を含んだ、 これまでにないガーデン「水庭(みずにわ)」がオープンしました。 この庭は、自然と寄り添い、折り合いをつけながら変化し、生み出されていく庭です。 時間の経過とともに変化する庭は、自然と身体と対話するための特別なメディテーション空間です。 日頃の...

 

 

facilitygarden
Sponsored Link
古びた家

comment