横浜の米屋農園でオリーブの古木を見る 2

 

横浜の米屋農園には施設や邸宅向けのオリーブの古木だけではなく、こぶりの古木もあったりします。

 

 

 

 

なにせ敷地が広いです。

 

この右側いい感じだなぁ。

 

 

ここらへんのちびっこい集まりは、がんばれば手が届きそう。本命として記録。

 

 

 

か細い幹のオリーブもたくさんありますが、気持ちがズンドウな幹のオリーブにもっていかれ、興味がもてなくなりました。。

 

 

 

 

株立ちのオリーブも端正なものがたくさんありました。

 

 

 

まだ葉がまばらで来年以降に販売するとのこと。

 

穴は直径50〜60cmは掘る必要がありそう(メモ)

 

 

 

 

米屋農園さんはオリーブの木だけでなく、たくさんの種類の木を取り扱っています。

 

 

オリーブの古木はスペイン産。

 

古木は形がオブジェのようにかっこいいだけじゃないんですよね。

 

葉の形が細くシュッとしていて、美形なんですよね。色もシルバー色が強いんですよね。そしてとても硬いです。

 

 

 

 

葉だけでもずっと眺めていられるレベルです。

 

写真では普通の葉に見えますが、後日近くの農協の若いオリーブの葉と比較して、歴然とした差を感じました。

 

イギリスに行った時にすずめを見て、なんか日本のすずめと雰囲気が違う、と思ったのを思い出しました。

 

ここの農園に来て、もっと庭づくりをがんばろうと思いました。ふさわしい庭を作ろうと思いました。

 

 

米屋農園

 

神奈川県横浜市神奈川区菅田町659

045-471-6039

8:00〜17:00

日曜・祝日定休

 

オリーブの木・樹木・植木を横浜で生産販売している米屋農園
横浜にある関東最大のオリーブ農園です。オ...

 

 

facility
Sponsored Link
古びた家

comment