緑山松田家 町田の洗練ランチ

 

町田の閑静な住宅地区の緑山 松田家で、6500円のランチをしました。

 

かつてこの値段でランチをしたことがなく、一生に一度のつもりで行きましたので、気が張りました。

 

緑山という閑静な住宅地に、松田家というフレンチのレストランがあります。

 

 

 

 

レストランという店構えではないため、通り過ぎそうになりましたが、ドアに「アルバイト募集」という張り紙がありましたので、気がつきました。

 

昼は2組、夜は1組限定で、予約時に昼の5000円のコースの場合は、事前に魚か肉かを選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

とても広々としたテーブルで、もう一つあるテーブルとは離れてるため、ものすごくくつろげます。

 

1杯目のお酒やドリンクは無料なので、ちょっとうれしいです。

 

 

シェフが作られたパンと豚肉のパテ

 

パンが香ばしくて、美味しかったです。パンが美味しいとポイント高いですよね。

 

 

 

ナスのピューレと半熟卵、合鴨の燻製とフォワグラを添え

 

ナスのピューレうまし。

 

 

 

シェフの家族が作った野菜の盛り合わせ

 

 

この店の看板メニューかと思います。

 

小さくカットされていますが、数があるのでわりと小さめサイズがちょうどよく、それぞれの野菜の美味しさを楽しめました。

 

 

鮮魚のポワレ、赤パフリカのソース

 

焼き加減文句なし。皿がかっこよし。

 

 

 

牛タンの煮込み。食べてる途中で写真を撮ってないことに気がつきました。不覚。

 

 

 

イチジクの赤ワイン煮、チョコレートとオレンジのムース。

 

ガラスの器が素敵すぎました。

 

 

 

このレストランはシェフが1人で全て切りもりされています。

 

シェフの経歴は、フランス、スペインで修行され、ミシュラン一つ星レストランのシェ・トモで料理長をされて、オーナーシェフとしての夢を実現するため、実家の緑山に戻られたそうです。

 

 

その、器の一つ一つが洗練されたものでして、いちいちどこの器か聞きたいのをおさえてました。

 

器って大事なんですね。シェフの感性が出たりしますからね。人が着る服のように。

 

この店で食事して思ったのは、白いセラミックの器で出す高級レストラン店は終わってると思っていいのかな、手抜きしてるかもね、と思えてきました。

 

緑山の住宅地は閑静で、ほとんどの家が玄関周りや庭をきれいに整えています。

 

割合にしたら、10軒中9軒は気を引き締めて、整えているように見えました。

 

そういう地区なんですよね。

 

うちも同じ町田なんですが、うちの地区は、庭をこぎれいにしている家は、10軒中2軒です。

 

シェフが緑山という地に戻られた気持ちがわかりますね。

 

閑静でこぎれいな地区で落ち着いて仕事をしたいものですもんね。

 

 

緑山 松田家

東京都町田市三輪緑山3-18-20

TEL 044(572)4820

ランチ 11:30~15:00
ディナー 18:00~24:00

月曜日 定休

キャンセル料は前日50%, 当日100%

https://www.midoriyama-matsudake.jp/

 

 

comment