イサムノグチ展 アルミオブジェ編2

 

上野の東京都美術館で開催されているIsamu Noguchi イサム・ノグチ 発見の道のアルミオブジェ編2です。

 

展示の仕方が秀逸で、素人が古いスマホでどこを切り取ろうが、映える写真が撮れます。

 

作品や美術館に実力や自信があるからこそ、撮影可能にしている気がしてきました。

 

(撮影可能ですが、フラッシュ、動画撮影は厳禁です)

 

絵画だけですと単調になりがちな展覧会も、彫刻や照明作品があるので、より空間がデザインされているんですよね。

 

冒頭の写真は、アルミ板一枚で作られたオブジェと、イサムノグチ氏がデザインした赤いソファです。

 

オットマンを含めた形といい、配置といい、キマってますね。

 

赤のオブジェがありますと、インパクトが出て、現代アート性も出てかっこよさが増します。

 

赤という色をうまく使っているな、とうっすら思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イサム・ノグチ 発見の道

Isamu Noguchi: Ways of Discovery

2021年4月24日(土)~8月29日(日)

東京都美術館

 

イサム・ノグチ 発見の道
20世紀を代表する彫刻家、イサム・ノグチの業績を振り返る展覧会です。東京都美術館で4月24日〜8月29日。晩年の独自の石彫に至るノグチの「発見の道」を様々な作品で辿りつつ、ノグチ芸術のエッセンスに迫ります。彫刻と空間は一体であると考えたノグチの作品に相応しい、特色ある3つの展示空間の構成を試みます。

 

 

facility
Sponsored Link
古びた家

comment