Gili Lankanfushi ギリ・ランカンフシの水上コテージ 2009

 

2009年に行ったモルディブのGili Lankanfushiギリ・ランカンフシの旅行記を書いています。

 

古い話しで申し訳けないですが、しかし、昔の写真のほうが絵力があり、そしてゴージャスだったりするので、アップしていこうと思います。

 

このリゾートのコンセプトはエコ。そしてロビンソン・クルーソー漂流記です。

 

ロビンソン・クルーソーはイギリスの小説家ダニエル・デフォーの小説に出てくる船乗りです。

 

船乗りが無人島に漂着し、自給自足で生活する冒険物語をイメージして造られたリゾートです。

 

なので、水上コテージがそのまんま、大柄な船乗りが造る基地のような雰囲気なのです。

 

 

 

 

玄関開けたら、この景色。

 

 

 

 

 

 

部屋の広さにまず驚きますが、頭に浮かぶのは、この部屋って窓ガラスないよね。

 

えっ、窓ないのか。
えっ、テラスに家具を置いているんだ。
というか、船のデッキのような感じじゃん。
おもしろっ。

 

 

 

 

 

 

まぁ、船乗りが暮らす海上の家のような雰囲気で、とっても非現実的な空間です。

 

まぁ、ゲストのほとんどは、はしゃぎますね。

 

遮ぎる物がない景色、水平線が見える景色、水色の世界。

 

たったそれだけの景色を求めることが、どんなに困難なことか。

 

どんなに贅沢なことか。

 

スパークリングワインが付いていたので、コテージでランチのルームサービスを初チャレンジしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、この旅いちばんに、はしゃぎました。

 

なんじゃー、ルームサービスって、こんなにいいものなのー!

 

誰も視野に入らないので、芯からくつろげること、くつろげること。

 

今まで、ルームサービスで食事する人の気持ちが分かりかねてました。

 

食事処のほうが天井が高いし、景色がひらけて見えて開放感を感じるのにと。

 

いやー、この島でルームサービスの楽しさ、良さを知っちゃいましたよ。

 

2階もあり、ソファーベッドやデーブルセットなど、くつろげるところが満載ですが、洗濯物を干す程度にしか使わず。

 

 

 

 

コテージが広すぎて、全部のソファーや椅子を座りきれてない滞在でした。

 

 

Gili Lankanfushi ギリ ランカンフシ モルディブ

 

ギリ・ランカンフシ モルジブ
安らぎのリゾートへ

 

 

Agoda.com: Smarter Hotel Booking

 

 

trip
Sponsored Link
古びた家

comment