Morison Kobayashi Exhibition モリソン小林 自然礼賛2021

 

待ちに待ったモリソン小林氏の個展が、special source atelier galleryで開催されたので、行ってきましたっ!

 

 

 

 

 

 

この緻密に作り込まれた空間

 

じろじろと魅入ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

驚くのが、モリソン小林氏が内装を手がけ、木像を手がけ、鉄製の植物を手がけてます。

 

アーチのアイアンの窓枠が絵になります。

 

自分は5年くらい前に木像を拝見して、すっかりファンになり、今回の個展では木像見たさに訪れました。

 

木像のやさしい感じとオーラがたまりません。

 

今回の個展のタイトルは、自然礼賛2021「絶滅危惧植物」

 

 

 

 

初め、これらは押し花だろうと思って見ていたのですが、なんと鉄製です。

 

言葉がないです。。。

 

自分は特にエーデルワイスに目が釘付けになりました。

 

自分は登山はしませんし、エーデルワイスを見たことはありません。

 

標高が高いところで見るエーデルワイスは、さぞかし神秘的に見えるかと思いますが、この鉄製のブルーがかったエーデルワイスのほうが、たぶん本物よりも神秘的です。売約済みでした。。

 

この作品が本当にすてきでした。

 

鉄製の額

 

ガラスはステンドグラス

 

バックはキャンバスではなく、左官にペイントしたものだそうです。

 

とにかくこだわりがすごいです。

 

 

 

別のフロアでは、中村大介氏の作品が展示されていました。

 

倒木と鉄を使ったオブジェです。

 

かっこいいー。鉄と倒木の組み合わせ、最強。

 

 

 

 

 

special source  atelier gallery

 

神奈川県川崎市高津区久地4-11-46

 

special source

 

 

facility
Sponsored Link
古びた家

comment