法隆寺宝物館 ル・コルビュジエのLC2のある空間

 

東京国立博物館の敷地内にある法隆寺宝物館に行ってきました。

 

自分は仏像には興味がないのですが、建築には興味があったので、ただ様子を見る気持ちだけで行ってきました。

 

設計者はMoMAニューヨーク近代美術館を手がけた谷口吉生

 

建築の前に水がはってあり、建築自体はシンプルですっきりしていました。

 

 

 

 

 

 

2階に上がったところ、体育館なみにだだ広い部屋があり、展示物はなくただソファなどが置かれていました。

 

誰もいないですし、水の見えるところで休憩しようと思いました。

 

ソファをよく見たら、なんと近代建築の三大巨匠のル・コルビュジエデザインのLC2が置かれているではありませんかっ!!

 

 

 

 

しかも6脚も!!ひょえ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉々として写真を撮りまくり、ふんぞりかえるように座りました。

 

 

 

 

谷口吉生氏設計の建築でLC2に囲まれて、広い部屋を一人じめで休憩です。

 

こんな贅沢が自分に起きるとは思ってもみませんでした。

 

ここでお酒が飲めたらなぁ。。。

 

LC2の2人掛けソファが1つ1,300,000円で、1人掛けが1,000,000円

 

はしたないですが、総額を計算してしまう自分です。

 

このソファをデザインしたLe Corbusier(ル・コルビュジエ、1887年1-1965年)は、国立西洋美術館を設計した建築家です。

 

 

 

 

 

 

 

 

LC2は「GRAND COMFORT」(大いなる快適)と名付けられていて、「最小の構成で最大の快適性」をコンセプトに建築家がデザインしたソファです。

 

座っていて体がすっぽり包まれる感じで、本当に快適でした。

 

この日は休日で、上野駅周辺はものすごく人が多く混雑していました。

 

この法隆寺宝物館は、外の喧騒をまったく感じさせない異空間に感じます。

 

ここではまあまあ長く、ふんぞりかえって休憩してしまいました。

 

 

<続く>

 

 

法隆寺宝物館

東京都台東区上野公園13-9

 

 

comment