Jike Studio と Jike House 横浜市青葉区寺家町のギャラリーに行ってきました

 

横浜市青葉区寺家町にあるJike Studio(寺家スタジオ)と併設のカフェとJike Houseいうギャラリーに行ってきました。

 

小田急線の柿生駅からバスに乗って行きました。

 

Jike Studioの外観はプレハブ、中は廃材を利用したインテリアです。

 

 

 

ギャラリー

 

 

 

併設のカフェでランチをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチは1500円。

 

 

 

魚介のサラダ

鶏肉のコンフィ

酵素玄米

根菜のすりおろし汁

 

思いのほかきちんと美味しい内容で、ボリュームがあり、感動すらおぼえました。

 

 

 

 

1500円なのにそれ以上に全力でがんばって提供していることに驚きます。

 

期待しないで行ったため、予想外の食事内容に気分が上がりました。

 

 

Shopで見かけたNostalgic Garageノスタルジックガレージのインダスリアルデザインの服やかばんがかっこよく、今後も要チェックしていきたいです。

 

Nostalgic Garage(R)
ヴィンテージカースタイルからインスパイアした、服飾雑貨を提案しています。素材は天然繊維にこだわり、また、欧州からデッドストックの生地も多数使用。作り手が市場に媚びることなく、納得のいくモノを展開しています。

 

 

 

 

トイレが広く、土器のような壺に目が釘付けになりました。

 

 

 

 

 

 

土器ほしい。。

 

 

Jike Studio(寺家スタジオ)から徒歩1分ほどの距離のところに、Jike House(寺家ハウス)という名のギャラリーがあります。

 

寺家スタジオの廃材を利用したゆるい空間とは異なり、コンクリートの現代風すてき空間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤忠氏の鉄の作品

 

 

 

かっこいい

 

 

他のお客がぼそっと、こっちの建物でレストランをやってたらな、という声が聞こえました。

 

う〜ん、激しく同感(笑)

 

田園風景の中にたたずむギャラリーで、食事だけでなくアートや工芸品も楽しめる場所なので、またいずれ来るのは間違いないです。

 

 

Jike Studio 寺家スタジオ

11:00~18:00
火曜日定休

神奈川県横浜市青葉区寺家町435-1

電話番号:045-350-3804

 

JIKE STUDIO
田園都市に残る原風景。寺家町にあるものづくり空間「JIKE STUDIO」は ~ 流れる時間、流されない時間 ~ を大切に皆様と楽しい場をつくっていきたいと思っています。

 

 

comment