プレミアム ドームランチボックス  酵素玄米がこびりつかない弁当箱

TPX製(汚れが落ちやすい樹脂加工)のプレミアム ドームランチボックスを購入しました。

自分が会社に持っていく弁当箱には、酵素玄米を入れています。

写真はちょっとでたらめにおかずを詰めてます。

玄米というのは非常に釜やら、茶碗やら、弁当箱に力強くこびりつき、それを洗うのがとても面倒です。

特に弁当箱は、家に持って帰って夜22時ごろに洗うので、面倒くさくてしょうがなかったです。

そして、自分はご飯を多めに食べたいほうなので、少し大きめサイズの弁当箱を探していました。

そして、この度いい感じの弁当箱を手に入れました。

プレミアム ドームランチボックス 630ml

広告写真より

器の形状は、フライパンのように上にむかって広がっています。

器の高さがないぶん、フタの高さが2センチほどあり、具を押さえつけないで、おかずを盛れる、というのが、特徴です。

インスタ向きのお弁当箱じゃないでしょうかね。

半透明な器も、いい感じでおかずがきれいに見えるそうです。

そして、器の重さが、かるっかるの70g。ふたが130g

素材がTPX製(汚れ落ちしやすい樹脂加工)でできていて、汚れが簡単に落とせます。

これがですね、本当にラクチンです。

風邪をひいた日には、心底ラクだと思いましたね。

Mサイズが 18.5×奥行12×高さ6.7cm 500ml (色はホワイトとブラック)

Lサイズが 20.3×奥行13.2×高さ6.7cm 630ml (色はホワイトとブラック)

弁当袋は、保冷効果がある巾着で、保冷剤を3つぐらい入れて、会社に持っていってます。

夏の時期、弁当を冷蔵庫に入れないのはこわく、いっちかばっちかで弁当を食べていますが、今のところ食あたりはないです。

綿70%、ポリエステル30%の素材で、綿の肌ざわりが気持ちいいです。

保冷効果のあるクロスも売ってますので、袋だと洗うのどうよ、と思われる方には、いいかもしれないです。

風邪をよくひくようになったのですが、風邪をひいて何もかもしんどい時こそ、インテリアや道具についていろいろ考えるようになりました。

病気になった時のことを考えて、手間がかからない道具を選ぶべきですね。

インテリアも、目にごちゃっと映らないような、スッキリ空間を目指せば、負担に感じず暮らせます。

不要品は病気に加担する毒のような物です。はい。

まだ使えるのにもったいない、という家族や友人に、なかなか理解されないんですけどね。。。とほっ。


Sponsored Link
レクタングル広告大
Sponsored Link
レクタングル広告大