内田祥三設計 港区立郷土歴史館

 

港区立郷土歴史館の建築を見に行ってきました。

 

この建築は内田祥三(うちだよしかず)氏によって設計され、1938年に建設された旧公衆衛生院です。

 

内田祥三氏の代表作は東京大学大講堂(安田講堂)です。

 

 

 

 

内田ゴシックと呼ばれる外観のデザイン

 

 

 

 

 

中央ホール

 

 

 

 

 

 

院長室

 

 

 

 

 

 

講堂

 

 

 

 

 

外観はとても立派でした。

 

内観はいまいちどこがみどころかつかめませんでした。

 

建物ガイドツアーがあるので、それに参加すれば意匠のみどころがわかったかもしれません。。

 

 

港区立郷土歴史館

東京都港区白金台4-6−2

 

 

comment